K西砕石専用線
坂祝駅

炭鉄別館に戻る
2017年8月14日公開

 K西砕石専用線については鉄道廃止後に留置されていたシャンターをアップ済ですが、現役のころのネガが出てきましたので再び取り上げます。ワンカットでしたが砕石場の様子も撮っていました。今となってはこのカットの方が貴重ですね。


砕石場のホッパーへと伸びる線路


元名鉄DB75号。壁にぶら下るショベルが砕石鉱山らしい








貨車のような楕円銘板を付けていた


もう1台は標準的な日車15トン


前後にホキ800を挟んで入換





 坂祝駅に集約されていたセメント会社各社のうち、Dンカセメント専用線はまだ取り上げていませんでした。『専用線一覧 昭和58年版』よりD化学工業 0.3キロとあります。シャンターは協三工業製の20トン機で、JRの移動機と同型であまり興味が湧かなかった。キャブに系列と思われる運輸会社名とDB2001号というナンバーが書かれていました。







構内の一番西側にあったO野田セメント専用線もすでにアップ済です。この頃、すでに予備機であった東洋電機製のDB02号はボロボロでしたが、結局、復活することはありませんでした。


専用線終端側から


主力機として活躍した日立製のOD25号













1989年8月坂祝駅にて撮影


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る

inserted by FC2 system