1989年3月東舞鶴駅にて 2013年9月1日公開

 一回り上の大学の先輩が、いわゆる旧客世代でして、やれ山陰だと東北だと足繁く通っていたのを羨ましく話を聞いていました。形態分類だとか車歴分類だとか話題にキリの無い世界でした。わたしの田舎は出雲市なので、旧客列車は日常的でしたが、写真を撮り出した頃にはレッドトレイン時代となっていました。旧客もレッドトレインも今では死語ですね。役目を終えた旧客が各地に疎開留置されて、荒れ果てた姿をいくつか目にしています。
 東舞鶴駅のヤードもそのひとつ。東舞鶴駅はこの後に高架化されて、写真を撮ったヤードは跡形も無くなっているようです。

 撮影はすべて1989年3月東舞鶴駅。




 オハフ33-123号。昭和14年川崎車両製。


 オハ35-308号。昭和16年日立製。


 オハフ33-1518号。昭和22年日本車輌にてオハ35-924号として落成。


 オハ35-1110号。昭和22年帝国車両製。


 スハ42-25号。昭和24年日本車輌製。


 マニ36-305号。昭和25年度国鉄工場にてスロ60-5号として落成。


 オハ47-2028号。昭和21年日本車輌にてスハ43-54号として落成。


 オハ35-712号。昭和21年帝国車両製。


 オハフ33-1505号。昭和22年新潟鉄工所にてオハ35-771号として落成。


 ナハ11-40号。昭和32年度日立製。


別館トップに戻る

炭鉄indexに戻る

inserted by FC2 system