デジカメ散歩
一畑電鉄
その1
2012年11月28日公開

 出雲空港からまっすぐ出雲市駅にやってきました。出雲市はわたしの田舎なので、ある程度勝手知ったところですが、とはいえ、十数年ぶりの訪問では街の風景が様変わりしていました。とりあへず昼飯をと思っていた駅前の一畑百貨店はホテルになっていました。JR出雲市駅が高架化され、遅れて電鉄出雲市駅も高架化されたとぐらいは知っていましたが、相変わらず縄張りはしっかりと区別されて乗り換えの便はありません。わたしの両親ぐらいになると、出雲市駅は今市駅(出雲市駅の旧称)と呼び、国鉄(JR)は汽車で、電車といえば一畑になります。今は両方とも電車が走ってますが。

撮影は全て2012年11月


 JR出雲市駅から少し離れた場所に電鉄出雲市駅があります。薄暗い通路の奥に入り口。




 ホームにはクロスシート車5000系がお待ちかね。


 2012年は前身の一畑軽便鉄道創設以来、100年にあたります。


 ホーム先端から出雲科学館パークタウン前駅(旧:大和紡前駅)方向を望みます。並走するのは山陰本線。JRが先に高架化した経緯があります。線路の連絡はありません。


 なんとも素っ気無い駅のつくりで工場か倉庫のようです。


 JR出雲市駅のホームが透けて見えますが、とくに連絡路はありません。地平時代から変わらず。


別館トップに戻る
一畑電鉄
その2

炭鉄indexに戻る

inserted by FC2 system