デジカメ散歩
半高架の熊本駅
2016年3月19日公開

 4年ほど前に記事にした高架工事中の熊本駅(当時は新幹線のみ高架)ですが、今回は4〜6番線が先行して高架されていました。計画によれば、平成28年度中にはすべて高架化が完了し、さらに駅ビルの解体が行なわれるようです。


 八代側ホーム先端より振り返る。見晴らしの良い光景はまもなく見納め。


 4番線から地平ホームを見下ろします。大牟田行き折返し列車が停車中。


 ED76牽引の貨物列車が地平線を通過。駅舎も高架完成とともに解体されます。


 欠き取りホームとなっている5番線。


 地平ホームには、まだまだ頑張る415系。


 三角線の折返し列車が5番線に到着します。これまたキハ40+キハ31の国鉄コンビ。

 間もなく、快速SL人吉号がDE101206号のエスコートで6番線に入線です。6番線のとなりは、九州新幹線ですが、高い塀に遮られて双方全く見えません。折角なら、新幹線とSLが並ぶようにしたほうが、いい宣伝になりそうですが、なんとも素っ気無い構造です。もったいないな〜


 JR九州色のDE101206号牽引の回送列車。


 近代的な高架ホームと58654号。


 DE10にもそれなりに人が集まっています。




 58654号は動態復活の際に、ボイラーが新製されています。銘板が除煙板の影にあります。


 赤いスーツが鮮やかなアテンダントさん。記念撮影に応じていました。


撮影はすべて2015年11月


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る

inserted by FC2 system