デジカメ散歩
甘木鉄道
甘木駅
2017年8月20日公開

 2016年11月某日、生憎の雨模様だったので、一旦、大牟田を離れて甘木鉄道を訪ねています。大牟田からだと、西鉄ワンマン列車で西鉄甘木へ、歩いて甘木駅のお手軽コース。元国鉄駅らしい立派な甘木駅舎には、開業30周年の垂幕が掛かっていました。1986(昭和61)年3月の開業とのこと。


甘木鉄道の本社を兼ねた甘木駅舎


車寄せに開業30周年の垂幕が掲げられた






駅構内には留置線と車庫がある


1形式1両のAR401号




AR401号は台車を外して整備中


甘木駅先端から。カーブするホームが長い

 甘木鉄道にはAR300形と、AR400形の2形式8両が在籍しており、AR303号までが富士重工製、以降が新潟トランシス製となっています。甘木鉄道オリジナルカラーのKR301号がレールバス30周年のヘッドマークを付けていました。
 

KR301号。側面の広告は一見、競馬新聞ぽいが、じつは農薬







 全8両のうち、登場時カラーで残るのはAR301号だけで、それ以外は1両ごとのバリエーションとなっています。


AR304号


AR307号


前後で塗装が異なります。デザインは地元朝倉高校




国鉄急行色となったAR305号。似合ってますね


AR306号。これも地元朝倉高校のデザイン


国鉄DC一般色風のAR303号








国鉄色が並んだ甘木駅
撮影は全て2016年11月甘木にて


炭鉄別館に戻る

炭鉄indexに戻る

inserted by FC2 system