Dヘン専用線
多気
2013年3月12日公開

 多気駅から参宮線に沿って延びるDヘン専用線は、『昭和58年専用線一覧』によれば作業キロ 2.1キロ 総延長 2.6キロとあります。工場がすこし小高い位置にあるため、線路は2度のスイッチバックをして引き込まれるという珍しい配線です。このDヘン(三重事業所)は変圧器メーカーとして、大物車(シキ)による出荷を行なっています。運転日には結構なギャラリーが集まるそうです。

 撮影は全て1989年8月多気



 Dヘン専用線のシャンターは1台、32号のナンバーが付いていました。『ないねん番外録3』によれば、元日本鋼管鶴見の32号で日立製作所 1963(昭和38)年製 製番12768とあります。なお『産業ロコ』p128には日本鋼管時代の写真あり。




 この日は草刈りに出動中。大書きされた社名が社有機らしい。








別館トップに戻る

炭鉄indexに戻る

inserted by FC2 system