ヤード
1989年8月守山駅にて
2013年9月24日公開

 1989年当時、守山駅にはU商事、S工業、K倉庫の専用線が健在で、構内にはタンク車の姿が多く見られましたが、2003年にU商事(おもに石油類)を最後に貨物扱いが廃止されています。
 まずはK倉庫専用線にいたタム6160号。





 S工業(現在は社名を変更)は守山駅に隣接して工場があり、同駅を常備駅とする二硫化炭素専用タンク車を所有していていました。タム5909、5910、5918号は最後のタム5900形でした(*1)。あいにく一番外側の側線にいたため金網越しの撮影でしたが、その代りに「東洋レーヨン車両部 昭和23年製」という珍しい銘板を撮る事ができました。戦後間もなく製造された戦災復旧車の生き残りです。

(*1)『吉岡心平の貨車ホームページ タム5909号』参照。


守山駅に並んだタム5909、5910、5918号。3両とも1992年に廃車となっている。













撮影はすべて1989年8月守山


別館トップに戻る

炭鉄indexに戻る

inserted by FC2 system